コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青蓮院流 しょうれんいんりゅう

6件 の用語解説(青蓮院流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青蓮院流
しょうれんいんりゅう

鎌倉時代末の能書家,尊円親王を祖とする書の流派。親王が青蓮院門跡であったことと,書の様式が代々青蓮院門跡によって継承されたことからこの名がある。別に粟田口流ともいう。親王は初め世尊寺流を学び,さらに小野道風や宋の書風を研究して一風をなした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうれんいん‐りゅう〔シヤウレンヰンリウ〕【青×蓮院流】

和様書道の流派の一。伏見天皇の皇子、青蓮院尊円法親王が創始。流麗・平明な書体。江戸時代には御家流(おいえりゅう)と称され、朝廷・幕府などの公文書に用いられたほか、一般庶民にまで広く流布した。尊円流。粟田流。粟田口流。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青蓮院流【しょうれんいんりゅう】

書道の一流派。鎌倉時代青蓮院の門主尊円親王が創始したもので,尊円流,粟田流ともいう。強い筆力を秘めた豊満な書体で,代々の青蓮院門主に継承され,室町時代に流行。
→関連項目近衛信尹入木道本阿弥光悦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうれんいんりゅう【青蓮院流】

書道の流派の一つで,中・近世を通じて勢力をもった。能書家の伏見天皇を父とする尊円親王を祖とする。親王が京都粟田口の門跡寺院青蓮院に住したのでこの名があり,粟田口流,尊円流とも呼ばれる。親王は世尊寺流の上代様に新しく中国宋代の張即之の強さを加えた秀れた書風を生み出したが,末流はもっぱら豊潤を宗とするようになって世の好みに合い,したがってまた卑俗にもなった。青蓮院流は江戸時代には御家流といわれ,勢力をもったが,これに反発して多くの新しい流派も興った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうれんいんりゅう【青蓮院流】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青蓮院流
しょうれんいんりゅう

南北朝時代(14世紀)青蓮院門跡(もんぜき)尊円(そんえん)法親王を祖としておこった書の流派。別名尊円流とも称し、また青蓮院が京都粟田口(あわたぐち)にあることから、粟田流、粟田口流ともいわれ、江戸時代には御家(おいえ)流の名もあった。わが国書道史・書流史上もっとも注目すべき流派である。尊円法親王の書風は、端正温雅な世尊寺(せそんじ)流に宋(そう)風の力強い筆法を加味した独自の境地を開いたもので、青蓮院の歴住たちの尊崇を集め、代々の門跡はこれに傾倒した。とりわけ、尊道(そんどう)法親王(1332―1403)、尊応准后(そんのうじゅんごう)(?―1514)、尊伝(そんでん)法親王(1472―1504)、尊鎮(そんちん)法親王(1504―1550)、尊朝(そんちょう)法親王(1552―1597)、尊純(そんじゅん)法親王(1591―1653)は能書で知られ、今日に遺墨を伝えている。また書流史では、その末流をさらに尊応流、尊鎮流、尊朝流、尊純流の4派に分け、これらを包含して青蓮院流とよぶ。その平明で高雅な書風は青蓮院のみにとどまらず、宮廷や貴族、他の寺院へと広まり、江戸時代には幕府の文教政策に伴い、御家流として武家階級や一般庶民にまで流布していった。筆跡の模刻本『本朝名公墨宝(ほんちょうめいこうぼくほう)』『和漢筆仙集(わかんひっせんしゅう)』などに尊円法親王以下の筆跡が所収され、加えて『慈恩寺法帖(ほうじょう)』(真跡本現存、個人蔵)などの手本が多数刊行されたことが普及の大きな要因となった。[島谷弘幸]
『小松茂美著『日本書流全史』全二巻(1970・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青蓮院流の言及

【御家流】より

…尊円は初め藤原行成を始祖とする世尊寺流を学んだが,さらに小野道風や宋の書風を加えて,流麗豊肥で親しみやすい一流を完成させた。この書流は彼が青蓮院門跡(第17世)であったので青蓮院流,または尊円流,粟田流とも呼ばれている。この書風は歴代の青蓮院門主に伝授継承され,室町時代には一典型となって盛んに行われたが,やがて江戸時代に入ると朝廷,幕府,諸藩の公文書,制札などにこの書流が採用された。…

【書】より

…名筆として知られた伏見天皇(1265‐1317)は平安時代の書に習熟し,復古的な流麗さをもって著名で,その皇子尊円親王は世尊寺流に宋風を加味した尊円流を創めた。青蓮院(しようれんいん)流とも呼び,後世の御家流(おいえりゆう)の基礎となった。 平安末期ごろから中国の宋との貿易が活発となり,各種の文物とともに新しい宋風の書が輸入された。…

※「青蓮院流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青蓮院流の関連キーワード賀茂流堺流松花堂流新当流玉置流勅筆流鳥飼流長谷川流溝口流通村流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone