コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辺文進 へんぶんしんBian Wen-jin

3件 の用語解説(辺文進の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辺文進
へんぶんしん
Bian Wen-jin

中国,明前期,15世紀前半の花鳥画家。原籍は隴西 (甘粛省) ,沙県 (福建省) の人。字は景昭 (一説に諱は景昭,字は文進) 。永楽期 (1403~24) 画院に入り,その 翎毛画 (れいもうが) は蒋子成の人物画,趙廉の画虎と合せて「禁中三絶」と称され,宣徳1 (26) 年には七十余歳でなお武英殿待詔であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

辺文進【へんぶんしん】

中国,明代の宮廷画家。生没年不詳。永楽年間(1402年―1424年)に宮中に入り,のち宣宗に厚遇された。肥痩(ひそう)の激しい輪郭線や大まかな着彩法,金泥線などを用いて装飾性の濃い花鳥画を描き,呂紀と並び称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんぶんしん【辺文進 Biān Wén jìn】

中国,明代の画家。生没年は不明。字は景昭。一説に名を景昭,字を文進とする。福建省沙県の人。作品の款記等より甘粛省隴西(ろうせい)の人とする説もあるが,隴西は辺氏の原籍と考えられる。永楽年間(1403‐24)に召されて宮廷の画院画家となり,武英殿待詔を授かった。博学で詩もよくしたが,鉤勒塡彩(こうろくてんさい)の黄氏体(こうしたい)の伝統的画法を継承した明初を代表する花鳥画家で,当時,蔣子成の人物,趙廉の虎とともに宮中三絶と称賛された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone