尊鎮入道親王(読み)そんちんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊鎮入道親王 そんちんにゅうどうしんのう

1504-1550 戦国時代,後柏原(ごかしわばら)天皇の皇子。
永正(えいしょう)元年4月21日生まれ。9年青蓮院(しょうれんいん)にはいり,10年親王となり出家。東山知恩院と百万遍知恩寺との本末争いにかかわり,一度門跡(もんぜき)をはなれたが,のち帰住し天台座主(ざす)となった。天文(てんぶん)19年9月13日死去。47歳。法名は尊猷(そんゆう)とも。俗名清彦法号は桂蓮院。著作に「愚問賢註聞書」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android