コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小代為重 しょうだい ためしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小代為重 しょうだい-ためしげ

1863-1951 明治-昭和時代前期の洋画家。
文久3年10月11日生まれ。百武兼行(ひゃくたけ-かねゆき)にまなび,千葉師範教諭,東京電信学校助教などをつとめる。明治美術会,白馬会の結成に参加し,のち逓信博物館で絵はがきや記念切手の意匠を考案した。昭和26年6月1日死去。87歳。肥前佐賀出身。工部省修技校卒。旧姓は中野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小代為重の関連キーワード石川欽一郎

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android