小六(読み)コロク

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ろく【小六】

〘名〙 小型の虫かご。⇔大六(おおろく)

ころく【小六】

[1]
[一] 小六節(ころくぶし)にうたわれた馬方の小六のこと。慶長(一五九六‐一六一五)頃の人。江戸赤坂に住み、西国生まれの美男で小唄の名手という。
※糸竹初心集(1664)下「ころく生れは西のをくに、ころくそをだちやほほほんほほほん」
[二] 「ころくぶし(小六節)」の略。
※俳諧・ひさご(1690)「うつり香の羽織を首にひきまきて〈珍碩〉 小六うたひし市のかへるさ〈同〉」
[2] 〘名〙 「ころくぞめ(小六染)」の略。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小六の関連情報