コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬方 ウマカタ

3件 の用語解説(馬方の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うま‐かた【馬方】

馬で貨客の運搬を職業とする人。馬子(まご)。
江戸幕府の職名。若年寄に属して将軍の乗馬の調練をつかさどった役。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うまかた【馬方】

馬に人や荷物を運ばせるのを職業とする人。馬追い。馬子。
徳川幕府の職名。将軍の乗馬の調練をつかさどった。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬方
うまかた

馬背で人や荷物を運ぶ業者。馬子(まご)ともいい、中世では馬借(ばしゃく)といった。車両輸送の未発達だった日本では、陸上の運輸は主に牛馬の背に頼ってきた。そして交通の要路に、公人の往来や貢租などの輸送のため、古くは駅馬制、下っては伝馬の制度が設けられた。沿道の人民に「人馬出役」が賦課されてきた歴史は久しいが、専門自営の「馬方」が宿駅問屋のもとに生じてくるのは、中世の「馬借」の類が最初で、商品流通の発展に裏づけられての発生であった。室町期には京都―北陸間、奈良―大坂間など陸路の要所に馬借の集団があって、もっぱら荷駄運送の業にあたり、ときには「土一揆(どいっき)」の主動力にさえなった。近世に下ると国内交通がにわかに活発になり、街道・宿駅の制も整ってきたので、主要街道の宿場町には荷継問屋の統制下、多くの馬方が集められた。そしておもに公用に徴発されてきた宿場農民の駄背輸送をやがてしのぎ、駕籠(かご)かき、歩荷(ぼっか)、牛追いなどとともに陸上交通運輸の主役になっていく。一方、脇往還(わきおうかん)や峠越しの山道にも、山間農民の「馬方稼ぎ」が盛んになっていった。近世の道中物文芸でも街道筋の馬方風俗は欠かせぬ題材となり、また馬方宿、馬方茶屋の類は近世宿場の特徴的な風物でもあった。明治期に入り、道路の整備に伴い車両輸送がしだいに本格化していくが、自動車導入前は「荷馬車挽(ひ)き」の形で馬方稼ぎはなお久しく重要な役割を務め、鉄道路線に外れた街道を走る乗合馬車の「馬手」もまた馬方の新しい転身であった。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の馬方の言及

【馬子】より

…馬を使って人や物資を運ぶことを業とするもの。馬追い,馬方などとも言う。馬背によるもので,馬車を扱うものは〈御者〉と呼んで区別する。…

※「馬方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

馬方の関連キーワード筏師牛屋画工園丁画家株屋作家手相見文士活魚車

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬方の関連情報