コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小六節 コロクブシ

デジタル大辞泉の解説

ころく‐ぶし【小六節】

江戸初期に流行した小歌の一。江戸の馬方で小歌の名人であった美男の関東小六のことを歌ったもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころくぶし【小六節】

江戸時代に流行した小唄の曲名。慶長(1596~1615)頃江戸赤坂に住んだ美男で小唄の名手の馬方、関東小六にちなむ称という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小六節の関連キーワード中島 勝祐江戸時代名手小唄慶長

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android