コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出三尹 こいで みつまさ

1件 の用語解説(小出三尹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出三尹 こいで-みつまさ

1589-1642 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)17年生まれ。小出秀政の4男。次兄秀家の養子となり,慶長8年(1603)その遺領をつぐ。9年長兄吉政の跡をついで但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩主となった甥(おい)吉英(よしひさ)より1万石を分与され,和泉(いずみ)(大阪府)陶器藩主小出家初代。大坂の陣では徳川秀忠にしたがう。金森宗和(そうわ)に茶の湯をまなんだ。寛永19年4月29日死去。54歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小出三尹の関連キーワードアンリ中野村清介五条大橋アンリブルボン朝鶏冠井令徳イギリス演劇コルネイユ広島城稲葉一鉄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone