コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出三尹 こいで みつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出三尹 こいで-みつまさ

1589-1642 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)17年生まれ。小出秀政の4男。次兄秀家の養子となり,慶長8年(1603)その遺領をつぐ。9年長兄吉政の跡をついで但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩主となった甥(おい)吉英(よしひさ)より1万石を分与され,和泉(いずみ)(大阪府)陶器藩主小出家初代。大坂の陣では徳川秀忠にしたがう。金森宗和(そうわ)に茶の湯をまなんだ。寛永19年4月29日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小出三尹の関連キーワード小出有棟天正

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android