コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出秀政 こいで ひでまさ

3件 の用語解説(小出秀政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出秀政 こいで-ひでまさ

1540-1604 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)9年生まれ。豊臣秀吉につかえる。天正(てんしょう)13年(1585)和泉(いずみ)(大阪府)岸和田城主となり,3万石を領する。関ケ原の戦いで長男吉政とともに西軍に属したが,次男秀家が東軍で戦功をたてたため所領を安堵(あんど)された。慶長9年3月22日死去。65歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。通称は甚左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小出秀政

没年:慶長9.3.22(1604.4.21)
生年:天文9(1540)
戦国・安土桃山時代の武将。尾張中村の生まれで,同郷の縁で豊臣秀吉に仕えたという。室は秀吉の生母大政所(天瑞院)の妹という縁戚関係もあった。通称甚左衛門,のち播磨守を称した。天正10(1582)年,播磨姫路城留守居役を命ぜられ,同13年,和泉岸和田城3万石を与えられた。慶長5(1600)年の関ケ原の戦のときは長男吉政と共に留守居として西軍石田三成方であったが,関ケ原には出陣せず,大坂城にあって秀頼の補佐に当たっていたらしい。次男秀家が東軍に属し,戦功をあげたため,旧領を安堵され,のち家康に仕えた。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こいでひでまさ【小出秀政】

1540‐1604(天文9‐慶長9)
織豊政権期の武将。通称甚左衛門。豊臣秀吉の家人。秀吉の叔母を妻とし,その1字を授けられて秀政と名のったという。1582年(天正10)播磨姫路城の留守居。85年,和泉国岸和田城主(3万石)に取り立てられる。秀吉は死に際して,その子秀頼の補佐を秀政に命じたといわれるが,やがて徳川家康に属し,関ヶ原の戦では次子秀家を東軍に参陣させた。大坂で死亡。【加藤 真理子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の小出秀政の言及

【和泉国】より

…このとき一向一揆の貝塚願泉寺も陥落している。豊臣秀吉は友閑を罷免して石田三成と小西隆佐を堺代官とし,岸和田城には小出秀政(3万石)を,のち谷川城には桑山重晴(1万6000石)を置き,和泉を支配させた。【今谷 明】
【近世】
 1600年(慶長5)関ヶ原の戦の結果,和泉国にも堺,岸和田を中軸として,漸次徳川氏の支配がおよんできた。…

※「小出秀政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小出秀政の関連キーワード池田秀雄文閑細川玄旨山岡如軒安土桃山時代日本史塙団右衛門蜂須賀小六内ケ島氏理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone