コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小功 ショウコウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐こう〔セウ‐〕【小功】

小さな功名・功績。
古代中国の喪服の一。織り目の細かな麻布で作り、5か月の喪に用いた。→大功

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうこう【小功】

小さな功績。ありふれた手柄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小功の言及

【喪服】より

…斉衰の喪の期間は時代によって変遷があるが,重要なのは期であって〈期親〉といえば期の間柄にある親族である。(3)〈大功(たいこう)〉はおおまかに加工した意で9ヵ月の喪に用い,(4)〈小功(しようこう)〉はやや細かく加工した意で5ヵ月の喪に用いる。(5)〈緦麻(しま)〉は細い布で縫製し,3ヵ月の喪に用いる。…

※「小功」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小功の関連キーワード五服制五服功績手柄

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android