コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小口病 おぐちびょうOguchi's disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小口病
おぐちびょう
Oguchi's disease

先天性の夜盲症 (とり目) 。 1907年,眼科医小口忠太 (1875~1945) によって発表された。血族結婚によることが多く,劣性遺伝が認められている。治療法はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小口病
おぐちびょう

1905年(明治38)小口忠太が発見した独特の眼底像を呈する先天性停止性夜盲をいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小口病の関連キーワード水尾 源太郎中村文平

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android