コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小口忠太 おぐち ちゅうた

2件 の用語解説(小口忠太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小口忠太 おぐち-ちゅうた

1875-1945 明治-昭和時代前期の眼科学者。
明治8年1月6日生まれ。陸軍軍医をへて大正8年愛知医専(現名大医学部)教授となり,後身の愛知医大学長,名古屋医大教授。国際眼科学会理事などをつとめる。明治38年夜盲症の異型である小口氏病を発見した。昭和8年学士院賞。昭和20年7月22日死去。71歳。長野県出身。帝国大学卒。著作に「戦役衛生史眼損傷篇」「小口氏色神検査表」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小口忠太
おぐちちゅうた
(1875―1945)

眼科学者。長野県上田市生まれる。済生学舎に学んで医師となり、明々堂眼科の須田哲造(すだてつぞう)(1848―1894)に師事し、さらに東京帝国大学選科に進んで河本重次郎(こうもとじゅうじろう)(1859―1938)に眼科学を学んだ。のち陸軍に入り、陸軍軍医学校教官となり、1912年(大正1)南満医学堂教授となってドイツに留学、帰国後、1919年愛知医学専門学校教授となり、再度の欧米留学後、愛知医科大学教授、同大学長、名古屋医科大学教授などを歴任し、1940年(昭和15)定年退職、名誉教授となった。昭和20年7月没、享年71。生地上田市の大輪寺には門下生らによって建てられた記念墓碑がある。
 研究業績は400編を超えるが、日露戦争後に発表した『戦役衛生史眼損傷篇(へん)』は軍陣医学上有名である。また、1905年(明治38)彼が発見した先天性停止性夜盲は「小口病」として世界的に知られる。1929年(昭和4)国際眼科学会理事となり、1933年帝国学士院賞を受けた。[福島義一]
『福島義一著『日本眼科史』(『日本眼科全書 第1巻』1954・金原出版) ▽宇山安夫著『わが銀海のパイオニア――明治以後における眼科の人々』(1973・千寿製薬学術部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小口忠太の関連キーワード池上清定磯部尚加藤亨寒川恒貞鈴木圭二高井計之助中村魁車村川堅固矢川ミキ吉田芳明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone