コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小国融蔵 おぐに ゆうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小国融蔵 おぐに-ゆうぞう

1824-1865 幕末の儒者。
文政7年生まれ。小国玉淵の子。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の家老益田右衛門介の家臣。江戸で安井息軒にまなび,のち郷校育英館の学頭となる。右衛門介の用人として京都で活動したが禁門の変に敗れて帰郷。慶応元年閏(うるう)5月2日死去。42歳。名は武彜。通称は別に剛蔵。号は嵩陽。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小国融蔵の関連キーワード儒者

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android