コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小姓組番 コショウグミバン

デジタル大辞泉の解説

こしょうぐみ‐ばん〔こシヤウぐみ‐〕【小姓組番】

小姓組

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小姓組番
こしょうぐみばん

江戸幕府番方の職制。1606年(慶長11)創置。初め黒書院西湖間(さいこのま)に勤番し、その庭前に花畑があったところから花畑番といった。のち紅葉間(もみじのま)に勤番することとなり、小姓組番と改称した。五番方の一つで、書院番と併称して両番という。本丸に8組(ときに増加あり)があり、西の丸にも数組が置かれた。各組に番頭1人(若年寄支配、役高4000石、諸大夫、菊間詰)、組頭1人(若年寄支配、役高1000石、布衣(ほい)、菊間南御襖際(みなみおふすまぎわ)詰)、組衆50人(頭支配、役高300俵、御目見(おめみえ)以上、紅葉間詰)があった。1866年(慶応2)廃止。平時は紅葉間に勤番し、儀式のときは世話役を勤め、将軍出行の際は供奉(ぐぶ)に任じ、市中の巡回にあたった。戦時は将軍の旗本に備えた。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小姓組番の関連キーワード朽木稙綱(2)内藤正勝(2)河野通重(2)小栗仁右衛門大久保教寛加々爪直澄小栗忠順三浦正次太田資宗久貝正典加藤文麗阿部忠秋内田正信新見正興土井利隆朽木稙治柴田康長石河政朝井上正就稲葉正休