コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小室怡々斎 こむろ いいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小室怡々斎 こむろ-いいさい

1837-1900 幕末-明治時代の画家。
天保(てんぽう)8年1月27日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。狩野(かのう)派の画をまなぶ。歴史画を得意とし,秋田で活躍。寺崎広業らをそだてた。明治33年12月17/27日死去。64歳。本姓は二葉。名は秀俊。字(あざな)は子傑。通称は源吉。別号に耕雲館主人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小室怡々斎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android