コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山友晴 こみやま ともはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山友晴 こみやま-ともはる

?-1582 織豊時代の武士。
小宮山昌友の子。甲斐(かい)(山梨県)武田氏の使番(つかいばん)十二人衆のひとり。元亀(げんき)3年家督をつぐ。武田勝頼にしりぞけられていたが,武田氏滅亡の際,天目(てんもく)山にかけつけ,天正(てんしょう)10年3月11日勝頼の死に殉じた。通称は内膳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小宮山友晴の関連キーワード小宮山内膳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android