コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小宮山英蔵 こみやま えいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小宮山英蔵 こみやま-えいぞう

1912-1979 昭和時代の実業家。
大正元年9月25日生まれ。東京市の給仕をしながら夜学にかよい,のち屑鉄業をはじめる。戦後,平和貯蓄殖産無尽をつくり,昭和26年平和相互銀行(61年住友銀行に吸収合併)と改称し,社長。ユニークな経営で業績をのばし,太平洋クラブをふくむ小宮山コンツェルンをきずく。昭和54年6月26日死去。66歳。山梨県出身。日大工業学校卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小宮山英蔵の関連キーワード小宮山 常吉昭和時代実業家

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android