小寺信正(読み)こでら のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺信正 こでら-のぶまさ

1682-1754 江戸時代前期-中期の武士,郷土史家。
天和(てんな)2年生まれ。貞享(じょうきょう)3年出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩主酒井忠真(ただざね)の小姓となる。のち江戸の太宰(だざい)春台,松崎観海らにまなぶ。郷土史を研究し,「荘内物語」をあらわした。宝暦4年1月7日死去。73歳。通称は三郎兵衛。号は梧軒。著作はほかに「荘内二郡事跡考」「武芸訓」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android