コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山健三 こやま けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山健三 こやま-けんぞう

1858-1923 明治-大正時代の官僚,実業家。
安政5年6月11日生まれ。高等商業(現一橋大)校長,文部次官などをへて,明治32年三十四銀行頭取。のち大阪銀行集会所,大阪手形交換所委員長を歴任した。大正9年貴族院議員。大正12年12月19日死去。66歳。武蔵(むさし)忍(おし)(埼玉県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小山健三

没年:大正12.12.19(1923)
生年:安政5.6.13(1858.7.23)
明治大正期の実業家。武蔵国埼玉郡忍城郭内(埼玉県行田市)に忍藩士宇三郎の長男として生まれる。母は鈴木氏。明治初年に藩校で理数方面の才能を示す。明治5(1872)年上京し個人教授に測量術,化学,英語を,また順天求合社などで数学を学ぶ。8年長野県師範学校教員を経て熊谷県(翌年より群馬県)に奉職し,学校教員,温泉の分析などに従事。14年文部省に転じ,以後長崎県立師範学校長,第五高等中学校教諭,東京工業学校教授,文部大臣秘書官,高等商業学校長,農商務参事官(兼任)などを経て文部次官を最後に31年7月,政変のため辞職し,翌年1月三十四銀行(三和銀行)頭取。以後,死去するまでその地位にあった。 「一人一業主義」を唱える小山は,その他の私企業にはかかわらなかったが,大阪金融界の重鎮として,京釜鉄道,東洋拓殖,韓国銀行,朝鮮殖産銀行などの国策会社の設立に協力し,大阪銀行集会所と大阪手形交換所の委員長,大阪商業会議所特別議員などに選ばれた。大正期には生産調査会,米価調節調査会,経済調査会などの委員を歴任。大正9(1920)年貴族院議員に勅選。関東大震災後ほどなく心臓の持病が悪化して死亡。頭のケガを避けるため室内でも帽子をかぶっていたという逸話があるほど慎重であったが,三十四銀行が第1次大戦の好況期に危険な行動を避け,大正9年の恐慌で打撃を受けることなく発展し続けたのはリーダー小山のそうした資質によるところが大きかったように思われる。<参考文献>三十四銀行編『小山健三伝』

(阿部武司)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小山健三の関連キーワード6月13日大正時代官僚

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android