コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山内建麿 おさない たけまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山内建麿 おさない-たけまろ

1831-1902 幕末-明治時代の武士,神職。
天保(てんぽう)2年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。郡奉行,勘定奉行などをつとめた。箱館戦争では監軍として活躍。のち明治政府の宣教使をへて,岩木山神社権宮司となった。明治35年12月14日死去。72歳。幼名は宇太郎。通称は清之丞。著作に「津軽旧事記」「津軽旧事異聞録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山内建麿の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門チャールズ・ジーン・マリエ ルトゥルノーゴローブニンジョードンバードハラタママイヨメイランワグネルゴローニン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android