コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山春山 おやま しゅんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山春山 おやま-しゅんざん

1827-1891 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政10年3月10日生まれ。小山馨三郎(けいざぶろう)の父。江戸で尾台榕堂(ようどう)に医学をまなぶ。水戸藩士と交遊し,藤田東湖,大橋訥庵(とつあん)らとも親交があった。文久2年の坂下門外の変に連座して入獄。のち天狗(てんぐ)党の乱にも関与して再入獄。明治24年1月1日死去。65歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本姓は塚田。名は朝弘。字(あざな)は毅卿。通称は直三郎,鼎吉。著作に「留丹稿」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山春山の関連キーワード尊攘

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android