コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山春山 おやま しゅんざん

1件 の用語解説(小山春山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山春山 おやま-しゅんざん

1827-1891 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政10年3月10日生まれ。小山馨三郎(けいざぶろう)の父。江戸で尾台榕堂(ようどう)に医学をまなぶ。水戸藩士と交遊し,藤田東湖,大橋訥庵(とつあん)らとも親交があった。文久2年の坂下門外の変に連座して入獄。のち天狗(てんぐ)党の乱にも関与して再入獄。明治24年1月1日死去。65歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本姓は塚田。名は朝弘。字(あざな)は毅卿。通称は直三郎,鼎吉。著作に「留丹稿」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山春山の関連キーワードマキシモヴィッチカニング冬の旅ナバリノの海戦カニング新内節ゴンチャロフ畠山勇子ブラキストン自破砕角礫岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone