コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山馨三郎 おやま けいざぶろう

1件 の用語解説(小山馨三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山馨三郎 おやま-けいざぶろう

1847-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
弘化(こうか)4年生まれ。小山春山の長男。常陸(ひたち)水戸で藤田小四郎義兄弟の契りをむすぶ。元治(げんじ)元年小四郎らによる天狗(てんぐ)党の筑波山挙兵に参加。ともに京都にむかう途中降伏し,元治2年2月16日越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)で斬首された。19歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は惟馨,朝義。号は猷風。変名は小野馨之允。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山馨三郎の関連キーワード笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学市川文吉孝明天皇戸田忠恕永井尚志中江兆民野口小蘋

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone