コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山馨三郎 おやま けいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山馨三郎 おやま-けいざぶろう

1847-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
弘化(こうか)4年生まれ。小山春山の長男。常陸(ひたち)水戸で藤田小四郎義兄弟の契りをむすぶ。元治(げんじ)元年小四郎らによる天狗(てんぐ)党の筑波山挙兵に参加。ともに京都にむかう途中降伏し,元治2年2月16日越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)で斬首された。19歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は惟馨,朝義。号は猷風。変名は小野馨之允。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山馨三郎の関連キーワード運動家弘化尊攘

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android