コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山朝村 おやま ともむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山朝村 おやま-ともむら

?-? 鎌倉時代の武将。
小山朝政(ともまさ)の子。一説に小山長村の子とも。寛喜(かんぎ)年間(1229-32)に下野(しもつけ)(栃木県)小山氏から薬師寺(南河内町)の地に分立し,薬師寺氏の祖となる。鎌倉幕府につかえ,阿波守(あわのかみ),検非違使,左衛門尉をつとめた。武勇で知られ幕府の重鎮となる。初名は政村。通称は五郎三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小山朝村の関連キーワード小山朝政

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android