コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山長村 おやま ながむら

1件 の用語解説(小山長村の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山長村 おやま-ながむら

1217-1269 鎌倉時代の武将。
建保(けんぽ)5年生まれ。小山朝長の長男。寛喜(かんぎ)2年(1230)ごろ家督をつぎ,下野(しもつけ)(栃木県)の守護,小山城主となる。ほかに武蔵(むさし),陸奥(むつ),尾張(おわり),播磨(はりま)などに所領をもった。文永6年8月15日死去。53歳。通称は五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山長村の関連キーワード叡尊薬害肝炎被害者の救済策大阪の居酒屋大阪の居酒屋讚岐忍性慶政宇都宮信房雅縁覚海

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone