コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小岸壮二 おぎし そうじ

1件 の用語解説(小岸壮二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小岸壮二 おぎし-そうじ

1898-1924 明治-大正時代の囲碁棋士。
明治31年1月3日生まれ。11歳で本因坊秀哉内弟子となり,14歳で初段の実力があった。「時事新報」の32人抜き,「中外商業新報」の18人抜きにも連勝し勝率は9割,大正13年6段に昇進。師の跡目と将来を期待されたが,大正13年1月7日死去。27歳。大分県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小岸壮二の関連キーワード社会小説近代経済学映画理論鞍馬天狗(大仏次郎)高校野球父を売る子フランス映画火成角礫岩LO写生文

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone