コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島文次郎 こじま ぶんじろう

2件 の用語解説(小島文次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島文次郎 こじま-ぶんじろう

1825-1870 明治時代の一揆(いっき)指導者。
文政8年生まれ。上野(こうずけ)群馬郡上小塙(かみこばな)村の農民。明治2年におきた年貢軽減闘争(五万石騒動)の際の大総代のひとり。高崎藩につかまった他の大総代2人の釈放をもとめ新政府の岩鼻県役所におもむくが,捕らえられて藩にひきわたされ,明治3年9月7日処刑された。46歳。通称は正治。名は文治郎ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小島文次郎

没年:明治3.9.7(1870.10.1)
生年:文政8(1825)
明治2(1869)年,上野国(群馬県)高崎藩領45カ村の農民が年貢減免を求めて起こした高崎五万石騒動の指導者のひとり。群馬郡上小塙村(高崎市)の農民。幼少より和算,書画,謡曲,挿花,武芸を学び,五万石騒動の大総代のひとりに選ばれ,高崎藩の年貢の苛酷さを立証するために史料を収集し,嘆願書に記している。のち逮捕,斬首。子孫の家(小島好二家)には,22カ村の連判状と「小島文次郎小伝」が残っている。<参考文献>細野格城『高崎五万石騒動』(復刻,1975),「特集高崎五万石騒動」(『群馬評論』40号)

(落合延孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小島文次郎の関連キーワード岩鼻上野三碑厩橋新井高四郎稲茂登三郎佐藤三喜蔵須藤嘉吉天倫正挺葉住利蔵武藤金吉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone