コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡友七郎 おばた ともしちろう

1件 の用語解説(小幡友七郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡友七郎 おばた-ともしちろう

1829-1864 幕末の武士。
文政12年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)宍戸(ししど)藩士。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱による水戸藩内取り締まりのため藩主松平頼徳(よりのり)にしたがって水戸にいくが,市川三左衛門ら門閥派に入城をはばまれ那珂湊(なかみなと)でたたかう。のち水戸に拘禁され同年9月28日自刃(じじん)した。36歳。名は通贇。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小幡友七郎の関連キーワード元治古高俊太郎鶴屋南北俚言集覧小笠原只八久世広周小林佐兵衛小宮山綏介武田耕雲斎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone