コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡高政 おばた たかまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡高政 おばた-たかまさ

1817-1906 幕末-明治時代の武士,実業家。
文化14年11月19日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。萩町奉行,江戸留守居役などをつとめる。維新後,宇都宮,小倉の県参事,小倉県権令(ごんれい)となる。退官後萩でナツミカン栽培に尽力,また第百十銀行頭取となった。明治39年7月27日死去。90歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓は祖式(そしき)。通称は蔵人,彦七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小幡高政の関連情報