小店(読み)こみせ

精選版 日本国語大辞典「小店」の解説

こ‐みせ【小店】

〘名〙
① 小さな。小規模な店。こだな。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下「女二人は堀川おもて、小見せにあがって」
② 遊里で小規模な妓楼をいう。江戸新吉原では大店(おおみせ)中店(ちゅうみせ)に対していい、小格子の店をいう。
洒落本・淫女皮肉論(1778)深川密談「大みせ小みせ交みせ、西かし東、ふしみ丁、色香くらぶる事ながら」
東北地方で、雪の季節に人の通行を許している軒下雁木(がんぎ)

しょう‐てん セウ‥【小店】

〘名〙
① 小さな店。小規模な店。こみせ
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「その母モントロースに小店を開き、職業を勤めて」 〔南史‐劉休伝〕
② へりくだって自分の店をいう。
※戊辰物(1928)〈東京日日新聞社会部〉戊辰物語上「殿下が小店(ショウテン)でおうつし遊された」

こ‐だな【小店】

〘名〙 小さい家。
※浮世草子・本朝藤陰比事(1709)二「二三ヶ月已前より七八畳敷の小店をかし置候所に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小店」の解説

こ‐みせ【小店/小見世】

小さな店。
江戸時代の新吉原で、妓楼の小規模のもの。
(東北地方で)雪の季節、人の通行を許している軒下。

しょう‐てん〔セウ‐〕【小店】

小さい店。こみせ。
自分の店をへりくだっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android