コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小店/小見世 コミセ

デジタル大辞泉の解説

こ‐みせ【小店/小見世】

小さな店。
江戸時代の新吉原で、妓楼の小規模のもの。
東北地方で)雪の季節、人の通行を許している軒下

しょう‐てん〔セウ‐〕【小店】

小さい店。こみせ。
自分のをへりくだっていう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうてん【小店】

小さい店。
自分の店をへりくだっていう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小店/小見世の関連キーワード奈良屋茂左衛門(4代)大規模小売店舗法住宅総合保険下村彦右衛門江戸時代電気工事新吉原毛馬内駄菓子片流れ香具師あも妓楼産業浅草間口

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android