コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松原道太郎 こまつばら みちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松原道太郎 こまつばら-みちたろう

1886-1940 明治-昭和時代前期の軍人。
明治19年7月20日生まれ。大正5年参謀本部にはいり,対ロシア・ソ連諜報(ちょうほう)活動に従事。昭和13年満州(中国東北部)配属の第二十三師団長に就任。14年ノモンハン事件でソ連軍と交戦,大本営の意に反して戦線を拡大し,師団は壊滅的な損害をうけた。陸軍中将。昭和15年10月6日死去。55歳。神奈川県出身。陸軍士官学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android