コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松大 こまつ はじめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松大 こまつ-はじめ

1848-1895 明治時代の医師。
弘化5年1月1日生まれ。佐久間象山に蘭学をまなぶ。京都にでて医学をおさめ,博愛社(現日本赤十字社)に入社。のち郷里の長野県布施村(望月町)で医師として活動。明治14年布施銀行を創設,自由民権運動に共鳴し大阪事件では資金を提供した。24年本牧村(望月町)に済生病院を開業。明治28年9月15日死去。48歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小松大の関連キーワード九州国立博物館硯箱

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小松大の関連情報