コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松弥右衛門 こまつ やえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松弥右衛門 こまつ-やえもん

1670-1753 江戸時代中期の織物技術者。
寛文10年生まれ。正徳(しょうとく)元年から陸奥(むつ)仙台藩に兵具方(ひょうぐかた)としてつかえ,高級織物をおる。改良した地元の生糸をもちいて精巧な技術でおりあげた,袴地(はかまじ)の仙台平(せんだいひら)をつくった。宝暦3年死去。84歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小松弥右衛門の言及

【仙台平】より

…絹袴地の一種。仙台藩主5代伊達吉村が正徳年間(1711‐16)京都西陣の織工,小松弥右衛門を招いて織り始めたと伝えられる。幕府諸侯への贈答,臣下への下賜品を織らせるためで,御国織と称されたが,好評を博し,のちに仙台平として広まった。…

※「小松弥右衛門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小松弥右衛門の関連キーワード山内道慶

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android