小松殿(読み)こまつどの

精選版 日本国語大辞典「小松殿」の解説

こまつ‐どの【小松殿】

[一] 京都大内裏の東、大炊御門大路の北側にあった光孝天皇の降誕所。〔二中歴(1444‐48頃か)〕
[二] 藤原頼道の別邸、宇治殿の一部。
※愚管抄(1220)四「うぢには又入道殿は小松殿といふ所におはしけるが」
[三] 現在の東山区上馬場の小松谷少林寺の地にあった平重盛邸。
平家(13C前)二「おとどはかやうにの給ひて、小松殿へぞ帰られける」
[四] ((三)から) 平重盛の尊称。
※平家(13C前)一「小松殿『なにによってか只今さる事あるべき』としづめられけれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android