コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松鈍斎 こまつ どんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小松鈍斎 こまつ-どんさい

1800-1868 江戸時代後期の和算家。
寛政12年1月3日生まれ。肥前田代(佐賀県)大興善寺住職。牛島盛庸(もりつね),内田五観(いつみ)にまなぶ。文久4年広島藩につかえ,和算,天文,測量をおしえた。慶応4年7月20日死去。69歳。豊前小倉(福岡県)出身。通称は式部。別号に恵竜,無極子。著作に「正弧斜弧」「無極子題術解義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小松鈍斎の関連キーワード戊辰戦争インド哲学光の科学史早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone