小林 トミ(読み)コバヤシ トミ

20世紀日本人名事典の解説

小林 トミ
コバヤシ トミ

昭和・平成期の画家,市民運動家 声なき声の会代表。



生年
昭和5(1930)年5月15日

没年
平成15(2003)年1月2日

出生地
茨城県土浦市

学歴〔年〕
東京芸術大学美術学部専攻科修了

経歴
’60年安保闘争時、“誰でも入れる声なき声の会”の横断幕を掲げ、文化人や学者、会社員、主婦、高校生らが参加した市民グループ「声なき声の会」の中心メンバー。会の機関誌「声なき声のたより」を発行し運動を支えた。昭和39年からは“ベトナムに平和を!市民連合”(ベ平連)運動に参加。中学校の講師を務めるほか子供たちに絵を教え、画家としては二科展を中心に活躍した。著書に「貝がらの町」「わが町・浦安」、小説「東京ダウンタウン」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android