コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林多津衛 こばやし たつえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林多津衛 こばやし-たつえ

1896-2001 大正-昭和時代の教育者。
明治29年8月7日生まれ。大正7年から長野県内の小学校で白樺派自由教育をおこなう。また柳宗悦の影響をうけ,信州民芸運動を推進する。昭和21年北佐久教育会長となり,「北佐久郡志」の刊行などに尽力。在任中から国際平和をうったえ,56年「協和通信」を発行した。平成13年3月17日死去。104歳。長野県出身。長野師範(現信州大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林多津衛の関連キーワード昭和時代教育者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android