コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林西岳 こばやし せいがく

1件 の用語解説(小林西岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林西岳 こばやし-せいがく

1716-1800 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)元年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)江戸藩邸につかえる。入江南溟(なんめい)にまなび,経学に通じた。寛政12年1月死去。85歳。一説に安永8年(1779)64歳で死去。名は重徳。字(あざな)は鳳卿。通称は満架,佐哲,祐哲。別号に西嶺,観耕亭。著作に「論語古伝」「大学定本必伝」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小林西岳の関連キーワードインド哲学新田開発享保徳川吉宗享保の改革定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone