コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柴貞義 こしば さだよし

1件 の用語解説(小柴貞義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柴貞義 こしば-さだよし

1642-1717 江戸時代前期-中期の剣術家。
寛永19年生まれ。山口流をまなぶ。越中富山藩につかえ,延宝2年(1674)藩の師範役となる。2代藩主前田正甫(まさとし)のとき,命により飛燕(ひえん)をきったという。弓・馬術の達人でもあった。小柴山口流の祖。享保(きょうほう)2年2月23日死去。76歳。加賀(石川県)出身。通称は六郎右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小柴貞義の関連キーワード常行懐英義観(2)志村無倫下村堤亭太兵衛林広為藤掛寿木北藤浮生明珍宗介