コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小柴貞義 こしば さだよし

1件 の用語解説(小柴貞義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柴貞義 こしば-さだよし

1642-1717 江戸時代前期-中期の剣術家。
寛永19年生まれ。山口流をまなぶ。越中富山藩につかえ,延宝2年(1674)藩の師範役となる。2代藩主前田正甫(まさとし)のとき,命により飛燕(ひえん)をきったという。弓・馬術の達人でもあった。小柴山口流の祖。享保(きょうほう)2年2月23日死去。76歳。加賀(石川県)出身。通称は六郎右衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小柴貞義の関連キーワードコルネイユ備後国和算エリザベス朝演劇江戸落語上方落語中山道守山宿策伝大賞根本中堂安楽庵策伝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone