小柴貞義(読み)こしば さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小柴貞義 こしば-さだよし

1642-1717 江戸時代前期-中期の剣術家。
寛永19年生まれ。山口流をまなぶ。越中富山藩につかえ,延宝2年(1674)藩の師範役となる。2代藩主前田正甫(まさとし)のとき,命により飛燕(ひえん)をきったという。弓・馬術の達人でもあった。小柴山口流の祖。享保(きょうほう)2年2月23日死去。76歳。加賀(石川県)出身。通称は六郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android