コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗十洲 おぐり じっしゅう

美術人名辞典の解説

小栗十洲

江戸後期の詩人・画家。若狭の人。名は光胤、字は万年。常山の弟。田能村竹田の師友。画は山水人物を得意とした。詩集『観海小藁』がある。京都に住した。文化8年(1811)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗十洲 おぐり-じっしゅう

?-1811 江戸時代中期-後期の儒者。
小栗鶴皐(かくこう)の孫。小栗常山の弟。若狭(わかさ)(福井県)小浜の人。詩文のほか画もたくみであった。文化8年10月26日死去。名は光胤。字(あざな)は万年。別号に痴僊居士。詩集に「河東詞」「観海詩楼小藁」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例