コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗貞雄 おぐり さだお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗貞雄 おぐり-さだお

1861-1935 明治時代の政治家。
文久元年11月28日生まれ。矢野竜渓の弟。大隈重信の勧めで小栗忠順(ただまさ)の家をつぐ。明治4年ヨーロッパに留学。帰国後,日本最初の産児制限論といわれる「社会政策改良実論」をあらわした。郵便報知新聞の経営にかかわったのち,31年衆議院議員(中立倶楽部)。昭和10年3月16日死去。75歳。江戸出身。旧姓は矢野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小栗貞雄の関連キーワード明治時代森田思軒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android