コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗忠順 おぐりただまさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小栗忠順
おぐりただまさ

[生]文政10(1827).江戸
[没]慶応4(1868).閏4.6. 上野,権田
江戸時代末期の幕臣。新潟奉行小栗忠高の子。豊後守,上野介と称する。万延1 (1860) 年,日米修好通商条約 (→安政五ヵ国条約 ) 批准のため,新見正興らの遣米使節に監察として随行。帰国後,外国奉行となる。文久1 (1861) 年,ロシア軍艦による対馬占領に際しては,交渉の任にあたって成功せず辞職したが,翌文久2 (1862) 年勘定奉行に登用され,以来,町奉行軍艦奉行を経て慶応1 (1865) 年5月,難局に際し再度勘定奉行となる。倒幕諸藩と対決する最も強硬な幕府主戦派の一人として,幕閣で主流を占め,フランスとの間に借款契約を結び,フランス式軍制の導入を試み,横浜造船所を創設するなど,意欲的に幕府権力の確立に貢献した。また,封建制を廃止して郡県制の樹立を企画し,薩長両藩をフランスの援助のもとに征討しようとはかったが,幕府内の反対派に制止されて成功しなかった。大政奉還に反対して,慶応4 (1868) 年1月免官となり,以後,上野国権田村に帰郷して農兵の育成に努めた。東山道鎮撫総督に対しては帰順の意を表明したが,不穏のたくらみをするものとして討伐を受け,捕縛,斬首された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

小栗忠順【おぐりただまさ】

江戸末期の幕臣。初め豊後守,のち上野介。1860年日米修好通商条約批准の使節として渡米。帰国後は外国奉行,勘定奉行,軍艦奉行などを歴任し,幕政改革に活躍。親フランス派の指導者として紙幣発行,洋式軍隊の編制訓練,製鉄所・造船所建設等の施策を遂行。
→関連項目幕末遣外使節三野村利左衛門ロシア軍艦対馬占領事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗忠順 おぐり-ただまさ

1827-1868 幕末の武士。
文政10年生まれ。小栗忠高の子。幕臣。万延元年日米修好通商条約批准書交換の使節監察として渡米。外国,勘定,軍艦などの各奉行をつとめ財政改革,軍制改革をおこなう。大政奉還に反対し,戊辰(ぼしん)戦争では将軍徳川慶喜に徹底抗戦をすすめた。慶応4年閏(うるう)4月6日知行地の上野(こうずけ)群馬郡で新政府軍に捕らえられ処刑された。42歳。通称は剛太郎,又一,上野介。
【格言など】一言で国を滅す言葉がある(幕臣たちの「どうにかなる」という優柔不断さを批判)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小栗忠順

没年:明治1.閏4.6(1868.5.27)
生年:文政10(1827)
幕末の幕府官僚。安政2(1855)年家督相続,同6年9月目付に登用され,日米修好通商条約批准交換の遣米使節監察に任命され,翌年1月横浜を出航し9月帰国した。同年11月外国奉行,翌文久1(1861)年5月ロシア艦対馬占拠事件の発生で同地に赴いたが現地解決を断念し帰府,7月辞職。同2年6月勘定奉行。公武合体運動,尊王攘夷運動を朝廷,雄藩による幕政介入とみて抵抗,徳川慶喜,松平慶永の幕政指導を批判し翌3年4月辞職。元治1(1864)年8月勘定奉行に復職,次いで軍艦奉行,翌年2月罷免されたが同年5月勘定奉行に3度目の復職。栗本鋤雲と共にフランス公使ロッシュの助言と援助を受けつつ,横須賀製鉄所など軍事施設の建設を開始,また軍制改革に着手して幕府軍事力の増強を図る。慶応3(1867)年10月大政奉還の報に接しこれに反対,討幕派諸藩との軍事対決の姿勢を示し江戸薩摩藩邸焼打ちを実行,翌明治1(1868)年鳥羽・伏見の戦で敗北した徳川慶喜が江戸に帰るや主戦論を建議。かえって遠ざけられ同年3月知行地の上野国権田村に居住,閏4月東山道先鋒総督府軍に捕らえられ斬られた。「精力が人にすぐれて計略に富み,世界の大勢にもほぼ通じて,しかも誠忠無二の徳川武士,……三河武士の長所と短所とを両方備えておったのよ」とは政敵だった勝海舟の評。<参考文献>蜷川新『維新前後の政争と小栗上野の死』

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おぐりただまさ【小栗忠順】

1827‐68(文政10‐明治1)
江戸末期の幕臣。上野介と称す。1859年(安政6)目付となり,60年(万延1)日米修好通商条約批准交換の使節として,正使新見正興,副使村垣範正とともに渡米した。帰国後,外国奉行となる。61年(文久1)ロシア軍艦ポサドニック号が対馬に滞泊する事件が起きた際,忠順は対馬に赴き退去を要求したが,目的を達することができずに江戸へ帰った。以後,小姓組番頭,勘定奉行,町奉行,歩兵奉行,軍艦奉行,陸軍奉行並,海軍奉行並などの諸役を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おぐりただまさ【小栗忠順】

1827~1868) 幕末の幕臣。上野介こうずけのすけ。外国・軍艦・勘定の各奉行を歴任、主として幕府財政の再建に当たった。戊辰戦争で抗戦を主張し、官軍によって斬首された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小栗忠順
おぐりただまさ
(1827―1868)

幕末の幕臣。慶応(けいおう)期の徳川幕府を支えた中心人物の一人。江戸の生まれ。幼名を剛太郎、また襲名を又一ともいう。のち豊後守(ぶんごのかみ)、さらに上野介(こうずけのすけ)と改めた。1859年(安政6)目付となり、1860年(万延1)には日米修好通商条約批准書交換のため新見正興(しんみまさおき)、村垣範正(むらがきのりまさ)に従って渡米、帰朝後外国奉行(ぶぎょう)となる。1861年(文久1)のロシア軍艦による対馬(つしま)事件に際してはその折衝にあたり、1862年勘定(かんじょう)奉行勝手方、さらに勘定奉行、歩兵奉行兼任、1863年陸軍奉行となり、この間、文久(ぶんきゅう)期(1861~64)に幕府の三兵(歩・騎・砲)軍事改革を行った。1864年(元治1)には軍艦奉行、翌1865年(慶応1)にはふたたび勘定奉行勝手方、1866年海軍奉行、ついで翌年陸軍奉行を兼任し、慶応期の幕政改革を親仏派として栗本鋤雲(くりもとじょうん)とともに担い、横須賀造船所設立をはじめ、幕府の政治、財政、軍事の各分野で改革を推進しようとした。薩長(さっちょう)に対しては主戦論を唱えたが、幕軍が鳥羽(とば)・伏見(ふしみ)の戦いに敗れるや上州(群馬県)へ隠退、新政府軍に捕らえられて慶応(けいおう)4年閏(うるう)4月5日斬(ざん)に処せられた。[田中 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小栗忠順の言及

【倉渕[村]】より

…過疎地域に指定されている。東善寺に末期の徳川幕府を支えた小栗忠順(ただまさ)の墓と小栗公遺品館がある。【千葉 立也】。…

※「小栗忠順」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小栗忠順の関連キーワードフルーリ・エラール万延元年遣米使節小栗上野介遺品館倉渕[村]大河内輝声小栗上野介大久保忠寛戊辰戦争斎藤洋介竹川竹斎小栗貞雄クーレー木村鉄太溝口勝如板倉勝殷高崎藩再建抗戦官軍

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android