小梁川宗秀(読み)こやながわ むねひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小梁川宗秀 こやながわ-むねひで

1510-1570 戦国時代の武士。
永正(えいしょう)7年生まれ。小梁川宗朝の子。陸奥(むつ)守護伊達稙宗(たねむね),その孫輝宗につかえる。重臣の中野宗時らが輝宗にそむいたとき追討を命じられ,元亀(げんき)元年4月出羽(でわ)小松城(山形県)攻めの先鋒(せんぽう)をつとめ討ち死にした。61歳。和歌をたしなんだという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android