コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小梁川宗朝 こやながわ むねとも

1件 の用語解説(小梁川宗朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小梁川宗朝 こやながわ-むねとも

1469-1565 室町-戦国時代の武士。
文明元年生まれ。陸奥(むつ)伊達家の家臣。京都に遊学。出家し鞍馬(くらま)山に隠棲(いんせい)するが,将軍足利義晴(よしはる)の話し相手としてまねかれる。帰郷後伊達稙宗(たねむね)につかえ,天文(てんぶん)11年(1542)実子晴宗との抗争で幽閉された稙宗をすくう。永禄(えいろく)8年6月稙宗の死に殉じた。97歳。法名は日双。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小梁川宗朝の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝能阿弥快元ベレンの塔文明田村市都路イムディーナ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone