コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小梁川宗朝 こやながわ むねとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小梁川宗朝 こやながわ-むねとも

1469-1565 室町-戦国時代の武士。
文明元年生まれ。陸奥(むつ)伊達家の家臣。京都に遊学。出家し鞍馬(くらま)山に隠棲(いんせい)するが,将軍足利義晴(よしはる)の話し相手としてまねかれる。帰郷後伊達稙宗(たねむね)につかえ,天文(てんぶん)11年(1542)実子晴宗との抗争で幽閉された稙宗をすくう。永禄(えいろく)8年6月稙宗の死に殉じた。97歳。法名は日双。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小梁川宗朝の関連キーワード小梁川宗秀戦国時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android