コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小槻季継 おづきの すえつぐ

2件 の用語解説(小槻季継の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小槻季継 おづきの-すえつぐ

1192-1244 鎌倉時代の官吏。
建久3年生まれ。大宮流算博士小槻公尚の子。貞応(じょうおう)2年壬生流(みぶりゅう)小槻国宗の死後,官務となる。以後20年余にわたって在職し大宮流官務家の地位を確立した。この間,修理(しゅり)東大寺大仏長官,紀伊守(きいのかみ),筑前(ちくぜんの)守などを兼任した。寛元2年9月27日死去。53歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小槻季継

没年:寛元2.9.27(1244.10.30)
生年:建久3(1192)
鎌倉中期の官人。大宮流の算博士公尚の子,官務広房の孫。元仁1(1224)年,壬生流の国宗の死のあとを受けて官務となり,21年間にわたって在職,大宮官務家の基礎を固めた。国宗から官務の地位とともに伝えられた所領を,大宮家のみで独占しようとしたといわれており,同家と壬生家とが相論を重ねるきっかけをつくった。なお『左大史小槻季継記』として流布している日記は,季継の息子の秀氏の日記である。

(本郷恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小槻季継の関連キーワード官人追立の官人算博士藤原基家阿保経覧家原氏主小槻有家小槻広房武田信時三統元夏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone