官務(読み)かんむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官務
かんむ

(1) 令制による太政官弁官局。弁官局では初め左右の大少史が庶務にあたっていたが,のち左大史,左少史に事務が集中した。平安時代末期には左大史の小槻氏が右大史を兼ね,両弁官局を1局として仕事を独占して,官務と称した。 (2) 官庁の事務。官吏の職務。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんむ【官務】

官庁の業務。また、官吏の職務。 「 -に従事する」
律令制下、太政官弁官の事務局。
平安時代以降、太政官弁官局の左右大史の称。転じて、大史を世襲した小槻おづき家の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐む クヮン‥【官務】

〘名〙
① 太政官(だいじょうかん)弁官局の一つの左大史が、同局の実務を総轄し、事実上の責任者の役割をになったことに対する称。代々小槻氏が世襲した。
※職原鈔(1340)上「中古以来。小槻宿禰為一史。行官中事。謂之官務。多是五位也」
② 官吏の職務。公務員の職務。官公庁の業務。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「これは官務にひまなかりし身なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の官務の言及

【史】より

…律令制の官制では,神祇官の主典(四等官の第4等官)に大史1人(正八位下相当)・少史1人(従八位上相当),太政官の左右の弁官にそれぞれ大史2人(正六位上相当)・少史2人(正七位上相当)が属している。いずれも文書の作成などを職掌とする官職であるが,平安時代になると,弁官の大史に五位を帯する者が任ずるようになり,やがて大史の上席を官務(かんむ)と称し,小槻(おづき)氏(のちの壬生家)が世襲するにいたった。【早川 庄八】。…

※「官務」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官務の関連情報