小橋友之輔(読み)こばし とものすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小橋友之輔 こばし-とものすけ

1846-1864 幕末の武士。
弘化(こうか)3年生まれ。小橋安蔵(やすぞう)の4男。讃岐(さぬき)高松藩士。文久3年(1863)父とともに天誅(てんちゅう)組に参加しようとして発覚,長門(ながと)(山口県)にのがれる。禁門の変で京都にはいった長州軍にくわわり,元治(げんじ)元年7月19日戦死した。19歳。名は以義。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android