コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小檜山博 こひやま はく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小檜山博 こひやま-はく

1937- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和12年4月15日生まれ。北海道新聞社に勤務。「北方文芸」にくわわり,昭和51年「出刃」で北方文芸賞。58年「光る女」で北海道新聞文学賞,泉鏡花文学賞。生地の北海道にすみ,「地の音」「地吹雪」「雪嵐」などの作品に,開拓農家や炭鉱にはたらく人々の姿をえがきつづける。苫小牧工卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小檜山博の関連キーワード相米 慎二

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android