小沢佐重喜(読み)おざわ さえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢佐重喜 おざわ-さえき

1898-1968 昭和時代の政治家。
明治31年11月25日生まれ。小沢一郎の父。弁護士をへて,三木武吉(ぶきち)に師事して政界にはいる。昭和21年衆議院議員(当選10回,自民党)。第2次吉田内閣の運輸相となり,以後郵政兼電通相,建設相を歴任。第2次池田内閣の行政管理庁長官などをつとめた。昭和43年5月8日死去。69歳。岩手県出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android