行政管理庁(読み)ギョウセイカンリチョウ

百科事典マイペディアの解説

行政管理庁【ぎょうせいかんりちょう】

行政制度一般に関する基本事項の企画,行政機関の機構・定員および運営,行政監察,行政機関に対する苦情の斡旋(あっせん)等を主掌した総理府外局。1948年設置。長官は国務大臣。1984年,総務庁に統合された。
→関連項目行政相談委員縦割り行政

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょうせいかんりちょう【行政管理庁】

かつての総理府の外局の一つで,政府部内において行政機関の機構,定員の管理,運営の総合調整統計制度,行政監察等の行政管理機能を担当し,行政改革の推進に責任をもつ行政機関であったが,1984年7月新設の総務庁に統合された。 第2次大戦直後,連合軍総司令部の行政制度改革方針に沿って1946年8月設置された行政調査部中央行政監察委員会統計委員会等がその前身である。48年7月行政管理庁として発足し,49年および52年の組織改正により,所掌事務および組織が追加整備された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょうせいかんりちょう【行政管理庁】

行政機関の機構および運営に関する基本事項の立案・調査・調整と行政監察を行なった総理府の外局。1984年(昭和59)総務庁の発足に伴い廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行政管理庁
ぎょうせいかんりちょう

国家行政組織法に基づき、行政管理庁設置法によって、1948年(昭和23)7月、旧総理府の外局として設置された国の行政機関。ただし、行政管理庁は、1984年(昭和59)6月30日で廃止され、同年7月1日に総務庁(現総務省)にほぼ全面的に吸収された。行政管理庁は、行政制度一般に関する基本的事項の企画、行政機関の機構、定員および運営の総合調整やこれらの調査、企画、立案および勧告を行うことなどをはじめ、統計および統計制度の改善発達に関する基本的事項の企画、各行政機関の業務の実施状況を監察して必要な勧告を行うこと、および、行政機関の業務に関する苦情の申し出について必要な斡旋(あっせん)を行うなどを主要な任務・権限としていた。長官には国務大臣があてられ、内部部局として、長官官房と行政管理局および行政監察局が置かれていた。また、行政管理委員会などの附属機関に加え、地方支分部局(出先機関)として、管区行政監察局、地方行政監察局および沖縄行政監察事務所が置かれていた。[福家俊朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行政管理庁の関連情報