コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小沢卜尺 おざわ ぼくせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小沢卜尺 おざわ-ぼくせき

?-1695 江戸時代前期の俳人。
江戸日本橋大舟町の名主。はじめ北村季吟に,のち松尾芭蕉にまなぶ。延宝年間江戸で宗匠となった芭蕉に日本橋小田原町の住居を提供した。延宝8年「桃青門弟独吟二十歌仙」に参加。元禄(げんろく)8年11月20日死去。通称は太郎兵衛別号に孤吟,踞斎(きょさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小沢卜尺の関連キーワード俳人卜尺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android